The Hruska Clinic Integrator

“呼吸は、呼気で始まる!” By南波 祐介

“呼吸は、呼気で始まる!” By南波 祐介

20名の選手達が、廊下に寝転がり、両足部を壁に起き、片腕を天井へ伸ばし、深呼吸をしている。Graduate Athletic Training Program of University of Nebraska Omaha(UNO)の最後のクリニカル、Omaha Lancers Ice Hockeyで初めて見たPRI。PRIとは?『彼らはいったい何をしているんだろうか?』。その疑問の答えを得るために、UNO卒業後、本格的にPRI を学び始め、PRI Primary Courseを中心に履修し、Ryan Hruska(DPT,PRC)の下で研修を始めました。さらに、2016年1月から、PRI 本部クリニックのJason Masek(MPT,ATC,CSCS,PRC)の下でも研修を始めることができました。
AFIR, Left AIC, Right BC, PEC…, 見たことも聞いたこともない言葉とエクササイズ。日本でPTとして10年、USAでアスレチックトレーニングを学んだ自分ですが、PRIはその根底を覆すような、まったく新しい世界が広がっていました。PRIコースを受けるにつれ、臨床で患者さんを見るにつれ、PRI のコンセプトの意味が少しずつ理解することができました。解剖学的な非対称性、右側の優位の世界、欠落する左側の視覚、噛み合わせのアウエアネス、そして不適切な呼吸運動。それにより左右の交互運動ができていない人がなんと多いことか!そして、呼吸が及ぼす姿勢への影響がどれだけ大きいか! スポーツ外傷や障害のリハビリテーションに、呼吸器機能をほとんど考慮したことがなかった自分にとって、この呼吸運動の影響は衝撃的でした。また、視覚と噛み合わせが姿勢に及ぼす影響も多大で、特に児童期の歯や口腔へ注意を向けることは、その後の不良姿勢の予防に大きく貢献することがわかりました。

3月2週目のHruska Clinic、約1年間、頭痛に悩む患者さん。病歴として、同じく1年前に副鼻腔手術を終えている。現在は鼻からの呼吸もできて、呼吸は楽になったとのこと。

頭痛は、前頭部にコンスタントに感じ、日常的にある。過去の大きな外傷歴として、26年前に右遠位腓骨スパイラル骨折をしています。Jason は、歩行をチェックし、頭痛と視覚、噛合せ、そして呼吸運動の関連性を評価しました。患者の主観的レスポンスが顕著だったのは、呼吸運動と主症状の頭痛のテンションでした。病歴の副鼻腔手術により呼吸の改善はされているものの、適切な胸郭の呼吸運動が見られず、胸郭を下方へ誘導すると頭痛症状が緩和することがわかりました。彼はPECパターンで、両側骨盤は前傾し、腰椎は過度な伸展位、フラットバック。両側大胸筋がタイトで、胸郭を前後に膨らませることができず、胸郭は、吸気時に呼吸補助筋である僧帽筋(上部線維)や頚部筋を使って胸郭を持ち上げ、姿勢はさらにエクステンション傾向を増し、症状を増悪させていました。

最初のトリートメントとして、両側胸筋のストレッチング、90/90ポジションによる風船エクササイズにより呼気時の胸郭を十分に下げること、仰臥位での大胸筋ストレッチエクササイズにより、吸気時の上部胸郭の拡張を促すことを指導。また、オフィスでの座位姿勢を指導し、脊柱の屈曲、Lt AFIR、風船またはストローでの胸郭のエクササイズをオフィスでも行うことを勧めました。

多くの患者が示す不適切な呼吸運動のように、呼気時に呼気を十分に吐ききれず、吸気に意識を集中させています。胸郭は挙上し、呼吸筋としての横隔膜が十分に機能しないポジションに置かれる。それゆえ、呼吸補助筋を多用し、さらなる胸郭の上方変位、そして姿勢のエクステンションパターンが強まってしまいます。“Breathing begins with EXHALATION!”、呼吸は、呼気で始まる。心得ておくべし!

今後は、日本に戻り、理学療法士として、アスレチックトレーナーとして患者さんやアスリートと向き合います。もちろん、彼らのトリートメントの選択肢としてPRIを使います。そして、それは多くの患者さんやアスリートに効果的なトリートメントになると確信しています。PRIの理解には、未だ苦労しますが、それを通してさらなる解剖学的知識やバイオメカニクスを知ることができるのは、本当に楽しいです。そして、2017年または2018年に、Postural Restoration Trainedの認定試験受験を計画しています。

最後に、PRIを臨床で学ぶ貴重な機会を与えてくださったRon Hruska、Jason Masek, Hruska Clinic Staff、そして、Ryan Hruska とRestore Clinic Staffに心から感謝します、ありがとうございました!